カーテン工房M’S

おしゃれなデザインに遮光性・断熱保温・防音効果をプラスした1級遮光より高機能な完全遮光カーテン

最小幅50cm~最大6mの大きな窓まで1cm単位でご注文できます。

ひとつ前に戻る

オアシスtop オアシスtop オアシス説明1 オアシス説明3 オアシス説明4 セット説明 アローラ アローラ アローラ

セットでお得!完全遮光カーテン+ミラーレース

完全1級遮光カーテン

●完全遮光・防音・遮熱そして形状記憶!すべて揃った一番売れてる遮光カーテン!

●遮光等級は1級遮光の中でも最高ランクの(A++)

●遮熱効果は57%、防音効果は通常のカーテンの最大5倍!

●遮熱、ミラー効果をプラスしたレースカーテンがセット!

●セットで買うとなんと「1200円」割引き!

●4枚セットのカーテンが欲しいというお客様のご要望にお答えした
かなりお安い4枚セットカーテンです。

完全遮光カーテン
レースカーテン
いちばん売れてる人気のドレープとレースがセット価格で登場!

定番の無地タイプ!オアシスプレーン 全4色


オアシスプレーン
(色番をクリックすると画像が替わります。)
       


北欧モダンの人気柄!オアシスウェーブ 全2色


オアシスウェーブ
(色番をクリックすると画像が替わります。)
   


華やかな完全遮光!オアシスリーフ 全3色


オアシスリーフ
(色番をクリックすると画像が替わります。)
     


V字編みの最高傑作!オアシスへリンボン 全4色


オアシスヘリンボン
(色番をクリックすると画像が替わります。)
       

※ヘリンボン柄・・・山と谷の連続V字の無地調カーテン柄です。


省エネ!ミラー・遮熱・ウォッシャブルレースカーテン!

オアシスリーフ
(色番をクリックすると画像が替わります。)
   


完全1級遮光オアシス 全13色+ミラーレースカーテン

●通常の1200円引き!セットでお得な完全遮光とミラーレース!かなり安い!

品名オアシス+アローラ
カラー全13色+レースはホワイト
機能オアシス:ウォッシャブル・1級遮光(A++)・防音機能・形状記憶・タッセル付
レース:UVカット・遮熱・ミラー効果・ウォッシャブル
※遮光等級に完全遮光という等級がない為、1級遮光(A++)が最高等級となります。
PRコメントいちばん売れてる遮光カーテンに人気のレースカーテンをセット♪
たたみシワ解消案内

お支払い・商品購入時注意事項

■こちらの商品は工場から直送の為クレジットカード払いのみ対応です。(代引き不可)
但し、代引き商品と同時購入の場合は代引き対応いたします。

カード支払案内
既製サイズカーテン案内
【価格表】価格は税抜き
size 100×135
4枚入り
100×178
4枚入り
100×200
4枚入り
価格 通常¥8800→¥7600 通常¥9500→¥8300 通常¥10200→¥9000
既製サイズ

●レースカーテンは丈133cm・丈176cm・丈198cmとなります。

完全遮光カーテン(1級遮光A++)とは

等級表記

みなさんは1級遮光カーテンが完全に遮光してくれるカーテンだと思っていませんか?その答えは間違ってもいないですが、実は合ってもいないのです。 その答えを紐解いていていきたいと思います。
完全遮光カーテンは文字通り完全に遮光するカーテンの事ですが、いままでカーテンの遮光等級には3級から(一番低い等級)~1級(一番高い等級)の3段階の等級表示しかありませんでした。 当然1級遮光が一番高い等級になるので、選ぶお客様側はイコール1級遮光が完全遮光という認識になっているのだと思います。 しかしこの1級遮光、取得基準は99.99%以上の遮光率で取得できるのです。100%ではなく99.99%、たかが0.01%の差ですが、この差は人間の感覚では「光を感じる」「暗くない」という誤差を生み出していました。 (ちなみに上記の1級遮光は99.99%以上の遮光率で「人の表情が認識できないレベル」の暗さを指しています。)
対面販売をしている業者であれば、口頭で上記の説明をして販売する事は容易ですが、顏の見えない通販等の販売になると、文字や画像でその事実を伝えたとしてもお客様の期待度や認識度の違いから0.01%の誤差でお客様との溝(クレーム)ができる事もあります。 そんな背景から近年では各メーカーごとに独自の基準を設け1級遮光への取り組みを行っていましたが、平成30年8月、NIF(カーテン、カーペット、ブラインド等を扱うメーカーの集まり)が新たに1級遮光を5段階表記すると発表しました。 これにより従来の1級遮光からより明確にお客様にその遮光等級を明記する事が可能になりました。(画像説明は添付資料) この5段階表記の最高レベルが1級遮光A++という表記になり現段階の最高等級となります。 しかし、カーテンは糸と針で作成する立体的な商品、窓からの光を完全に密封することは不可能な商品で、当然すき間からの光漏れが発生する事実も頭に入れておかなければなりませんし 我々販売店側もよりアナウンスしなければなりません。 また、新たな5段階1級表示でもすべて「生地からの」と明記されており完成したカーテンが1級遮光ではなく、あくまでも作成したカーテンの生地が1級遮光であるという事も同様にお客様側に伝えなければなりません。 そしてどの文面にも完全遮光という言葉を使っておらず、完全遮光カーテンという言葉そのものがいまだ定義されておらず、あいまいな表現な状態なのは変わっていません。
弊社では完全遮光カーテンを生地自体の遮光率は100%(完全遮光)、遮光等級は完全遮光ではなく最高等級のA++に該当する商品を完全遮光カーテンと位置付け販売しております。

余談:いままで最高等級だった1級遮光「人の表情が認識できない暗さ」が今回の5段階表記での最下位の説明文の登場しているのを不思議に思うのは私だけではないはずです。いままでの1級遮光って・・・

完全遮光 生地自体の遮光率は完全100%だか遮光等級は1級遮光A++

▲Page Top