カーテン工房M’S

予算をかけずに窓辺を飾る

アイデアで綺麗に飾るカーテンのテクニック

カーテンレールを装飾レールに変更する

生地イメージ

「リビングはお客様も来る場所だし綺麗にしたい」「リビングは豪華に!」
こんな場合はカーテンレールを機能レールから装飾レールに変更する。
これだけでお部屋のイメージが変わりカーテンが綺麗に見えます!

●装飾レールとはデザインを重視した飾りのあるカーテンレールの事

装飾レールはフィニアル(飾り部分)を窓よりかなり長く取りエアコンと干渉して取り付けられないと思っていらっしゃるお客様も多いのではないでしょうか?
実際はフィニアルを変更する事で取り付け可能です。また、壁際の窓でも同様に可能。
装飾レールを検討する場合はコーディネーターと相談しながら設置しましょう。

小窓や腰窓をシェードに変更する

生地イメージ

リビングには大きな掃出し窓以外に腰窓や小窓が設置されている場合が多いと思います。
こんな場合は腰窓や小窓をシェードに変更するとワンランク上のお部屋を演出できます。

●シェードとはカーテンと同じ生地で作成できる上下に昇降するアイテムの事

シェードのタイプは、大きく分けるとシングルシェードとダブルシェード。 その名の通りシングルシェードは厚手・レースいづれかひとつを使用して作成。ダブルシェードは厚手・レース共に一つの機械で作成するタイプです。
どちらのタイプもメリット・デメリットがありますので、ご検討される方は専門のコーディネーターに相談して設置してください。

※デメリットを把握しておかないと後々「イメージと違って扱いにくい」って事になるのでデメリットの説明も聞きましょう。

タッセルを装飾タッセルに変更する

生地イメージ

●タッセルとはカーテンを束ねるバンドの事。通常厚手と共布で作成します。

タッセルを装飾タッセルに変更するだけで豪華さが増します。
一昔前は房の付いたタッセルが主流でしたが、最近ではタッセルの価値も上がり素材やデザインにこだわったタッセルも多数ありますので、 (ビーズタッセル・ワイヤータッセル・ホルダー型など) きっとイメージにあったタッセルをお選びできると思います。

小窓を片開きカーテンにする

生地イメージ

●片開きカーテンは2枚1組でなく1枚1組のカーテン

すべての小窓をロールスクリーンやシェードにしようと考えている方も多い思いますが、本当にすべて必要なのでしょうか?プライベートなお部屋の場合、ロールスクリーンやシェードを設置するよりカーテンにした方が機能面から見てもプラスの場合がほとんどです。 また、結果的にカーテンの方が安価で作れますので、コストダウンにもなります。

色違い・柄違いを組み合わせお部屋をコーディネートする

生地イメージ

子供部屋や2間続きのお部屋などは色違いカーテンを使って遊びココロを入れつつ統一感を持たせる部屋づくりをしてみてはいかがでしょうか?
また、ドレープとレースの共柄カーテンや素材感を合わせたコンビネーションカーテンなどもありますので、興味のある方は専門のコーディネーターと相談しながらチャレンジしてみてください。
※掃出し窓はブラック・小窓はレッド♪色違いカーテンでお部屋をコーディしています。

◆より詳しい「予算をかけずに窓辺を飾る方法」はトップページ下部にPDFファイルで保存してありますので、ご自由にご活用(ダウンロード)してください。