カーテン工房M’S

採寸方法(カーテンのサイズを計る)

カーテンレール取り付け講座

採寸方法(カーテンのサイズを計る)

カーテンレールの長さを測る ・機能レールの場合レールのハジからハジまで
・装飾レールの場合ブラケットのハジからハジまで
カーテンレールの高さを測る ・掃き出し窓の場合床からカーテンレールのランナーまで
・腰窓の場合窓枠の下場からカーテンレールのランナーまで

カーテンの仕上がり寸法を出す。

巾の算出方法 レールの長さ×5%=カーテンの仕上がり巾
丈の算出方法 ・掃き出し窓---ランナーから床までの長さ -1cm
・腰窓----------ランナーから窓枠下場まで +15cm~20cm

※巾はレールの長さより長ければ機能としては問題ありません。
丈は掃き出し窓の場合必ず1cmマイナスする事。
腰窓は窓枠下15cm~20cm長くするのが通常ですが既成カーテンの場合は枠より長ければ機能として問題はありません。

カーテン上部の仕上がりについて

カーテンには同サイズでも2種類のカーテン仕上がり方があります。
AフックとBフックの2種類です。
簡単に言うとカーテンレールを隠すタイプか隠さないタイプかという事です。

Aフック画像

Aフック カーテンレールを隠さないタイプ
装飾レールやW正面納めのレース部分の時


Bフック画像

Bフック カーテンレールを隠すタイプ
機能レールの手前側や枠内納めのカーテンの時

下記内容を理解できますか?

例えばですがウッドレールを取付け、仕上がり寸法が算出できた場合、ウッドレールを見せる 仕上がりカーテン寸法にしなければいけないので、Aフックのカーテンになります。また、W正面 付け納めをして奥側カーテンレールの仕上がり寸法が算出できた場合、レールを隠す仕上が りBフックにしてしまうとカーテンがカーテンレールに当たる為Aフックにしなければなりません。 逆にW正面付け納めの手前のレールはカーテンを隠すタイプBフックにしなければなりません。

※上記の文章を理解できない方はもう一度最初のページから知識を身につけて下さい。
また、最近のカーテンフックはアジャスター式で多少調整はできますが、調整範囲はせいぜい1cm程度です。
調整できるからといって安易に寸法を測るのはやめましょう。


前に戻る・ トップページへ